クライアントとWinWinの関係を作る

私たちが事業を行う上で、一番避けなければならないと考えている意識は、「仕事をもらう」という意識であると思います。

当ホームページの、タドワークスとは、でも触れていますが、「仕事をもらう」という意識で仕事をする場合、仕事に対して近視眼的になり、クライアントの事業の長期的な成長を踏まえた上での仕事や提案ができなくなってしまいます。

勿論、依頼された仕事をしっかりこなすことは大前提ですが、その際に、クライアントの事業をより成長させるために私たちにできることはないかと、しっかり自分事として考えることは重要です。

私たちが関与することで、クライアントの利益を増やし、それによって私たちの担う役割も増してゆく。

これこそがWinWinの関係を築くということであり、私たちの理想とする仕事の姿なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です