中古のレッツノート「Let’s note CF-SZ5」を購入したのでレビュー(3万円台)

中古のレッツノートを購入!

この度、セカンドPCとしてパナソニックの「Let’s note CF-SZ5」を3万円台で購入しました。

現在は既に生産終了している機種とはなりますが、定価10万円以上する製品ですので大変お買い得です。

型落ちとはいえレッツノートをこの価格で手にれることができるのは魅力的ですよね。

ゲームや動画処理などの負荷の高い作業をする場合は厳しいですが、Adobe Photoshop CCも動作しますし一般的な業務を行う場合には全くストレスなく使える製品です。

ということで、早速開封。

同梱されていたのは、

  • ・ACアダプター
  • ・中国製のマウス
  • ・16GBのUSBメモリー(SanDisk)

の3つ。本体は細かい傷はありますがまあ気にならない程度。

新品買ってもこれくらいの傷はすぐつきますし、状態としてはかなりよいと思います。

以下が本体を開いた状態です。

キーボードもディスプレイも綺麗ですね!そして起動。

画面も問題なく映りますし動作も快適。バッテリーも問題ありません。

OSはWindows10がインストール済でOfficeも入っています。

唯一気になったのはタッチパッドの左ボタンの感度が悪いこと、しかししっかり押し込めば反応しますし、普段はマウスを使うので特に問題はありません。

とにかく軽くてコンパクト、頑丈で中古品は低価格ときているので、持ち歩きできるセカンドPCとしてはベストな製品だと思います。ブログの更新はもちろんですが、一般的な業務を行うには十分だろうと思います。

この値段でこれだけ状態のよいレッツノートが手に入るのはとても嬉しいですね。とても満足な買い物でした。

中古品でおすすめの価格相場はやはり3~4万円台のものになるだろうと思います。あまり安すぎると早期の故障リスクがありますし、5万円以上するのであれば他の製品が視野に入ってくるからです。

また、OSはできればすでにWindows10にアップデートされているものを購入することをおすすめします。自分でWindows7からWindows10にバージョンアップする作業は結構面倒です。

 

ドラゴンクエスト10のベンチマークテスト検証

3Dのオンラインゲーム「ドラゴンクエスト10」のベンチマークテストでも普通にプレイできるレベル。32bitパソコンなので正直ゲーム向けではないが、これくらいの性能はあるということ。
 

Photoshop CC 2018の動作検証

Windows10環境でPhotoshop CC 2018も特にストレスなく動作します。WebデザイナーさんのサブPCとしても十分活用できるのでお勧めです。
 

結局低スペックの新品より高スペックの中古がよい

どんなに新品でもスペックが低ければ使い物になりません。そして使い物にならなければいくら寿命が長くても無意味です。

であれば使い心地のよいスペックのよいPCを中古で購入した方がずっとお得です。

中古でもおそらく3年ほどは持ちますから、その期間快適に使えれば文句はありません。

これまでは新品にこだわっていましたが、中古でも状態のよいPCはあるのでそういったものを購入した方がずっといいと思います。
 

10万円以下なら消耗品費に計上できる

高スペックのPCを買おうと思えば大抵10万円は超えてきますから、そうなると減価償却などが発生します。

かといって10万円以下の使えないPCを買っても無駄になってしまう・・・そんなときは10万円以下でもそれなりにスペックのよい中古PCがお勧めです。

これまで中古PCを選択肢から外してしまっている方はこれからは是非選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です