ランディングサイトとは

Googleのキーワードプランナーで「ランディングページ」関連キーワードを調べていると、「ランディングサイト」という検索ワードが月間100~1000回と結構な回数検索されているようです。

おそらく「ランディングページ」のことかな?と実際に「ランディングサイト」で検索してみるとランディングページ関連のページが上位に並びますので、おそらくランディングページのことをランディングサイトと呼ぶ方が一定数いらっしゃるのだろうと思います。

ランディングページというのは閲覧開始ページを意味し、外部からサイトに入る入口の役割を果たすページを指します。

一般的にランディングページ(LP)というと広告の受けページのイメージがありますが、SEO対策を施した記事ページだって立派なランディングページのひとつであると言えるでしょう。

しかし、ランディングページが閲覧開始ページとして既存サイト内に設置するという考え方からすると、ランディングサイトというのは閲覧開始サイトということで集客向けに作られたサテライトサイトのような役割を示す言葉とも解釈できるかもしれないですね。

そうなるとランディングページとランディングサイトというのは趣旨の異なるキーワードということになってくるのかもしれません。

タドワークスではランディングページ制作とサテライトサイト制作のいずれも請け負っておりますのでご興味のある方はご相談ください。

 

ランディングページ制作のご相談はこちら