持ち家派の本音、マイホーム or 賃貸どっちがお得か?

マイホームか賃貸か?これはよく取り上げられるテーマです。

しかし経済に明るい人が口を揃えて言うのは”マイホームは負債”という言葉です。

私は30代手前でマイホームを購入しましたが、購入した主な動機は以下です。

  • ・もっと広い家に住みたい
  • ・犬を飼いたい
  • ・隣近所に気を遣うのが嫌
  • ・引っ越しが面倒くさい
  • ・毎月家賃を払うなら最後自分のものになった方がよい
  • ・持ち家は資産になる
  • ・住宅ローンを組むなら早い方がいい

上記の通り、私もマイホームは資産になると考えて購入した一人なのですが実際に住宅ローンを払いながらマイホームに住む中で感じるのはこんなことです。

  • ・家の寿命を考えると住宅ローンと家賃はさほど変わらないのでは?
  • ・土地を子どもに相続するにも結局売却になるだろう
  • ・維持費に結構お金がかかる

35年の住宅ローンとなると払い終わった頃には家は結構ボロボロでしょうから、支出面で考えるとマイホームと賃貸というのはさほど変わらないのではないかと考えるようになりました。

もちろん一戸建ての場合は土地は自分のものになるわけですが、老後に建て替えとはならないと思うので結局は賃貸という選択になりそうな気がします。

土地を子どもに残すにも子どもが二人以上いる場合には結局売却ということになるでしょう。

そうなると土地を残すより現金を残した方がよさそうに思います。

このように収支の観点から考えると確かに賃貸よりマイホームの方がいいとは言えないと思います。

ではマイホームを買ったことを実際に後悔しているかというとそんなことはありません。

人生の価値は収支だけではないので、好きな家で落ち着いて快適に暮らすことができるというのはやはりよいものです。

特に子どもやペットがいる場合には毎日物音を気にして生活する心理的なストレスを考えればずっと健全だと思います。

子ども時代の生活というのは生涯に影響するものと思いますから、なるべくよい環境で育ち、よい思い出を残してほしいと願います。

ですから経済的な観点だけで見れば確かに持ち家は負債なわけですが、だからといって持ち家に購入する価値がないかというとそうではないと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です