YouTuberはどこまで経費にできるのか?

今回は、YouTuberが購入したものをどこまで経費にすることができるのか、この点が少し気になったので調べてみました。

YouTuberの場合、購入したもので動画の企画を作ってしまえばそれは事業のために購入したものということでなんでも経費に計上できそうにも思います。

例えば以下のようなケースを考えてみたいと思います。

  • ①ゲーム配信事業をしていてゲーム機の購入費を経費にする
  • ②高級車を購入しそれを企画として配信し経費にする

常識的な観点から考えてみると、①はゲーム配信をちゃんとしているのであれば経費にすることにさほど違和感を感じないと思います。

一方で②の方はちょっとやりすぎじゃないの?という感じを受けます。

おそらくそのような印象を受けるのは、単純に金額規模が大きいこともありますが、そのチャンネルが成立するためにその車が不可欠かどうかという点にあるのではないかと思います。

もしこのYouTuberのチャンネルのテーマが「フェラーリで旅をしよう」というもので継続的に配信を行ってそれで生計を立てているのであれば、フェラーリの購入費を経費に計上したとしてもさほど違和感はないように思います。

ネット上にある税理士さんの見解などを見てみると、どうやら経費として認められるには以下のような要件を満たしている必要があるようです。

  • ・仕事に関係していること
  • ・世間一般の常識に即していること
  • ・客観的な証拠があること

結局のところ、個人としての使用割合の高いものを一回動画の企画にしたくらいでそれを経費に計上するというのは無理があるというところかなと思います。

ですが、YouTube配信で実際に収益が上がっているかどうかという点はあまり関係ない気はします。もし収益につながらないものが経費として認められないのであれば、起業したばかりの人は何一つ経費にできないことになってしまいますから。

なのでゲーム配信を継続的にしていてしばらく閲覧数やチャンネル登録者数が増えず収益化できていないにしても、継続的に配信を行っているという事実があればそのために購入した機材(ゲーム機本体やゲームソフトなど)は経費に計上してもよいのではないかと思います。

結論としては、YouTuberはそのチャンネルのテーマにもよりますが一般的な事業者と比べると経費にできるものの範囲は広いというのが実際のところなのではないかと思います。しかしだからといって、それは決して無制限ではなく、購入したものを継続的に事業に活かしてゆかなければならないという点では一般の事業者と同じことなのだろうと思いました。
 

Web担当をお探しのYouTuber様はご相談ください

YouTube配信と合わせてWebサイト運用や集客の方も強化したい、そんなYouTuberの方は是非ご相談ください。タドワークスがしっかりとバックアップいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です