【Gab・Parler他】主流ITサービスに替わりうる代替サービスまとめ

昨今ITサービスはGAFA(Google・Amazon・Facebook・Apple)と呼ばれるビッグテック企業の独占状態といっても過言ではありません。

しかしながら実はこれらの他にも類似のサービスというのは存在します。

普及しているサービスに人が集まるというのはわかるのですが、あまり一極集中せずにバランスよくサービスを利用し、競争原理を働かせるというのも消費者の知恵です。

今回はいわゆるGAFAと呼ばれるビッグテック企業のサービス以外の選択肢についてご紹介したいと思います。
 

主流ITサービスに替わりうる代替サービス

代替サービスは複数ありますが主に民主主義国の企業でできるだけプライバシー保護や表現の自由が確保されたサービスを選定しました。

既存サービス 代替サービス
Twitter Parler(パーラー)・Gab(ギャブ)
Google/Yahoo/Bing DuckDuckGo(ダックダックゴー)
Amazon 楽天
Facebook Mixi(ミクシィ)
YouTube rumble(ランブル)・ニコニコ動画
LINE WhatsApp(ワッツアップ)
ウィルスバスター FFRI yarai

 

Parler(パーラー)

PARLER(パーラー)

Parler(パーラー)はアメリカ合衆国のネバダ州ヘンダーソンに拠点を置く2018年に開設されたソーシャル・ネットワーキング・サービスです。ツイッターの代替アプリとして利用できます。

※現在AWSの規制を受けてサービス停止中。

公式サイトはこちら

Gab(ギャブ)

アンドリュー・トーバ(Andrew Torba)によって2016年8月に設立された「言論の自由のための乗り物」を標榜するSNS。

2021年にトランプ大統領のTwitterアカウントの永久停止、また、Parler(パーラー)がAWSの規制により利用できなくなったことからユーザーが大量に流入している様子。

公式サイトはこちら

DuckDuckGo(ダックダックゴー)

DuckDuckGo(ダックダックゴー)

DuckDuckGoは利用者の個人情報保護、また、利用履歴を記録保存しないことをポリシーとしたインターネット検索エンジンです。Google、Bing、Yahoo(国内)といった大手検索エンジンの代替として利用できます。

公式サイトはこちら

rumble(ランブル)

rumble(ランブル)

カナダのランブル社(Rumble Inc.)が運営する動画共有サービスです。動画の閲覧・配信ができ、YouTubeの代替サービスとして利用できます。

公式サイトはこちら

WhatsApp(ワッツアップ)

WhatsApp(ワッツアップ)

WhatsAppメッセンジャーは、アメリカのWhatsAppが提供するリアルタイムでメッセージ交換ができるスマートフォン向けインスタントメッセンジャーアプリです。現在日本で普及しているLINE(ライン)の代替アプリとして利用できます。

公式サイトはこちら

FFRI yarai

FFRI yarai

東証上場のセキュリティベンダー、FFRIによる純国産セキュリティソフト。法人向け製品は官公庁や金融機関、企業などでも利用されています。ウィルスバスターやマカフィーなどのセキュリティソフトの代替として利用できます。

公式サイトはこちら

 

まとめ

今後主流サービスが変わらないとも限りませんので、今からいろいろなメディアに触れておくとよいかもしれません。今有名になって稼いでいるYouTuberもYouTubeに早期に参入した先行者メリットが大きいわけですから、こういった新興のサービスに早めに参入することは今後大きなチャンスになるかもしれません。

タドワークスでも今後こういった新しい媒体をしっかりチェックしてゆこうと考えています。情報は随時更新をしてゆきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です