5分でわかる「REALITY(リアリティ)」アバターを使ったVTuber動画の作り方

5分でわかる「REALITY(リアリティ)」アバターを使ったVTuber動画の作り方

今回はバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」のアバターを使って無料で高品質なVTube動画をする方法についてご紹介します。

通常クオリティの高い2Dアバターを用いた配信は自作のアバターを作成するというハードルの高い作業を要しますが、「REALITY」のアバターを使えば比較的安価にハイクオリティなVTube配信を行うことが可能です。

尚、今回の手順はiPhoneとWindowsパソコンを使った方法となります。
 

1.準備

iPhone側

●コントロールセンターに画面収録ボタンを追加する。(キャプチャ動画を撮影できる状態にする)
●バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」をインストールする。


PC側

・無料画面録画ソフト「OBSスタジオ」をインストールする。
・無料動画編集ソフト「Shotcut」(https://shotcut.org/download/)をインストールする。

「Shotcut」はクロマキー合成ができるため、「REALITY」の録画映像の背景を透過にすることができます。

※Adobe Premiereを持っている方はそちらで動画編集(クロマキー合成)が可能ですので、「Shotcut」のインストールは不要となります。



 

2.撮影

iPhone側

「REALITY」を起動しライブ時の背景画像を緑色にしておくことで録画した動画を後にクロマキー合成することができます。

背景画像はアバター編集画面(着せ替え)で選べますのでそこからクロマキー用の緑色背景を選ぶようにしてください。

PC側

OBSスタジオを起動しゲーム画面の収録を開始する。
 

3.ファイルの取り込み

iPhoneとPCをUSB接続し、iPhone側の録画ファイルをPCに取り込む。
 

4.動画編集

動画編集ソフト「Shotcut」でiPhoneの録画ファイルとPCの録画ファイルをマージします。(ふたつの動画の開始位置を合わせる)

この際iPhone側の録画データをクロマキー合成(映像を背景だけ透過に)します。「Shotcut」を使ったクロマキー合成手順は以下動画を参考にしてみてください。

基本的な流れは以下のようになります。

①動画の取り込み。
②アバター動画のクロマキー合成(フィルタ→クロマキー:シンプル)
③アバター動画のサイズ・位置調整(フィルタ→サイズ:位置・回転)
④アバター動画の余計な部分排除(フィルタ→切り抜き:四角形)
⑤合成された動画の書き出し

 

5.合成した動画を書き出す

書き出した動画をYouTubeにアップロードしたら合成動画の完成です。
 

6.通常の動画編集を行う

合成動画が出来上がったらその動画を使ってテロップなんかを入れてゆけば動画の完成です。あとはYouTube等のプラットフォームにアップロードすればVTube動画のできあがりです。
 

[おまけ]ライブ配信方法はこちらを参考にしてください

免責事項

配信を行う場合は、バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」のアバターの利用規約を確認の上、各自の自己責任で行って頂くようお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です