優秀なWebライターが共通して備えている4つの特徴とは

これまでウェブライターさんの執筆した記事をたくさん監修してきた中で、よいライターさんが備えているいくつかの特徴というものに気づくようになりました。

それは、以下の4つのポイントとなります。

  • ①独自の視点(哲学)がある
  • ②主語が明確である
  • ③読者がイメージできている
  • ④伝えようという想いがある

①独自の視点(哲学)がある

検索エンジンはコンテンツ重複を嫌います。

その理由は簡単で、コンテンツ重複を許せば、検索結果上位にある記事をみんなコピーして上げ始めるでしょう。

そのコピー記事が検索結果上位を独占したとしたらとんでもないことです。

つまり、現在の記事作成においては独自性が非常に重要視されるということです。

では、その独自性というのがどんなものかについて考えてみたいと思います。

基本的に、あるテーマにおいて、誰も知らないことを知っている人間というのはそうそういません。

いるとすればその世界での権威くらいのものでしょう。

つまり、ライターさんに記事執筆を依頼する際に、独自の情報を求めるというのは無理があります。

ライターさんにできるのは、誰もが取得できる情報を、読者にわかりやすく整理し、独自の視点で伝えることです。

そのとき重要になるのが、そのライターさんの人間性、経験、哲学になってくるのだろうと思います。

よいライターさんの記事から感じる、”一貫した何か”は、そのライターさんの哲学なのだろうと思います。
 

②主語が明確である

複数のライターさんの記事を読んでいてよくあるのが、記事を執筆している主体がまったくイメージできないようなケースです。

これは、別サイトの文章の言い回しを変えて組み合わせただけの記事に顕著に現れます。

記事によって話し手の立場は違いますから、それを安易に取り入れてしまうと主語が混乱することになります。

また、それ以外でも、執筆者の立場を理解しないまま記事を執筆した場合に、主語の混乱が発生する場合があります。

よいライターさんは、記事を執筆する前に、その記事をどういった立場で書けばよいのか、予め理解した上で進捗します。
 

③読者がイメージできている

また、記事を執筆する上で、読者がイメージできているということもとても重要です。

読者がイメージできている文章というのは、対話のようなテンポが出てきますので、読み手としても、非常に読みやすく、面白いのです。

よいウェブライターさんは、想定しているターゲットが、今この文章を読んでいる姿をイメージしながら執筆します。

こう言ったらこんな反応をするだろうな、だったら次はこういうことを伝えよう、といった感じですね。

読者がイメージでいていないライターさんにはなかなかこのテンポを出すことができません。
 

④伝えようという想いがある

これはライターさんの哲学にも関連するのですが、伝えようという想いのない記事は読んでいてもまったく頭に入ってきません。

それはどこにでもあるただの「情報」であってメッセージではないからです。

伝えようという想いがあれば、どうしたらより多くの人に理解してもらえるかを考えることになります。

ここでライターさんは言葉選びに試行錯誤をすることになり、自分自身の言葉が出てくるわけです。

もしこれがなければ、他のウェブサイトで見た文章を、言い回しを変えながら組み合わせるという作業になってきます。

これは読み手にとっては面白くないですし、ライターさんにとってもきっとやりがいのない仕事だろうと思います。

記事を書く上で、伝えようという情熱はとても重要なんですね。

そして、そう考えると、ライターさんというのは、ただ文章を書くというよりは、自分の人生を切り売りしている仕事なのだと思います。
 

よい記事を書くために必要なこと

よい文章を書くためには、情報収集だけでは不十分です。

ライターさん自身が、そこから何かを感じ、表現したいと思えなければなりません。

つまり、インプットしたものをアウトプットするという機械的な作業ではなく、取り入れた情報を、自分の中に落とし込んでいかなければならないのです。

自分の中に落とし込んだときには、必ず何かを感じることになると思います。

それは、理不尽さであったり、悲しさであったり、怒りであったり…。

自分の中にこういったエネルギーが生まれたときに、「伝えたい」という衝動が生まれることになるのです。

これがとても重要なことだと思います。

これが自然にできる人もいますが、多くの場合は、最初こういった意識(マインドセット)をする必要があると思います。

自分の中に落とし込む感覚ですね。
 

まとめ

今回はよいライターさんに共通する特徴について、思うところを書いてみました。

ライティングの仕事ってなかなか深いですよね。
 

SEO対策用の記事作成(コンテンツライティング)代行サービス