NAVERまとめを使った効果的なSEO集客手法

今回は、”NAVERまとめを使った効果的なSEO集客手法”というテーマでお話をしてみたいと思います。

NAVERまとめとは

NAVERまとめとトップページ

上図はNAVERまとめのトップページとなります。

Wikipediaにあるようなサービスに関する細かい解説は省きますが、NAVERまとめというのは、いわゆるまとめサイトで、オシャレな言い方をすると、キュレーションサイトとも言います。

まとめサイトにもたくさんのものがありますが、このNAVERまとめというのはその中でも最も巨大なものです。
 

まとめサイトの有用性

NAVERまとめ記事サンプル
まとめサイトというのは、その名称の通り、散らばった情報をわかりやすくまとめた記事を掲載しているサイトです。

インターネット上に存在する無数の情報の中で、自分の必要とする情報を集めて整理する作業というのは、想像以上に大変な作業です。

もしこの作業を、誰か詳しい人が代わりにやってくれたらとても助かりませんか?そう、それこそがまとめサイトの存在価値なのです。

このように聞くと、その有用性が容易に想像頂けるのではないかと思います。
 

NAVERまとめの利用方法

NAVERまとめ登録画面
それでは、次にNAVERまとめの利用方法について簡潔に紹介したいと思います。

NAVERまとめを利用するのは簡単、会員登録画面からメールアドレスを登録して、自動送信メール内の本人確認のためのURLをクリックして、ユーザー名、パスワードを設定すれば、すぐにまとめ記事を投稿できるようになります。

勿論、会員登録にも記事投稿にも料金は一切かかりません。
 

NAVERまとめの集客力

現在、NAVERまとめに掲載される記事は、主に以下の恩恵を受けることができます。

  • ・NAVERまとめユーザーへの記事の露出
  • ・NAVERまとめの記事という信頼性
  • ・NAVERまとめのドメインパワーによる高いSEO効果
  • ・Yahoo1ページのNAVER枠への掲載の可能性

普通に自分でブログを立ち上げただけでは、まず受けられないこれだけの恩恵があるわけですから、これを利用しない手はないと考える人たちが多くても不思議ではないでしょう。

実際に、以前は集客目的であからさまに誘導を狙った引用やリンクだけの中身の薄い記事が蔓延した時期もありました。
 

商用利用の禁止と厳しい審査

しかし、NAVER側もそう甘くはありません。

NAVERまとめの規約をしっかり読んで頂ければわかるのですが、NAVERまとめは商用利用を禁止しています。

宣伝目的だけの内容のない記事が大半を占めるようになれば、NAVERまとめからユーザーが離れてしまうことになりますから、それはNAVER側も対策を行うでしょう。

そして、NAVERまとめの記事公開時には、NAVER側での厳しいチェックが行われることになります。

ここで商用利用を疑われるようなことがあれば、問答無用でアカウント停止です。

NAVER社員ではないので詳しいチェック項目まではわかりませんが、少なくとも以下の点はチェックをされているはずです。

    ・登録・ログイン時のIPアドレス
    ・記事内容の中立性
    ・リンク先のページ
    ・関連記事(サービス名・リンクURLなど)

ですから、安易に自店舗を紹介しようと、「渋谷で一番のラーメンなら◯◯◯」なんて記事を出したら即アウトです。

実際には、掲載しているリンクがひとつだけなんて場合も、偏った情報と判断されてアカウント停止になる可能性が大です。

この辺のさじ加減は投稿経験が多くないとなかなかわからないところです。
 

商用利用か?有益な情報か?

NAVERまとめ記事を商用目的で利用することはNGというところはご理解頂けたと思いますが、その記事で紹介されているサービスなり商品が、商用目的で掲載されたものか、閲覧者に有益な情報として掲載されたものかという判断は非常に難しいところでしょう。

例えば、とある消費者が複数の化粧品を使用・比較して、その客観的特徴をまとめた記事を公開したとします。

この記事ではそれぞれの商品へのリンクが設置されていますが、それは商用行為というよりは、有益な情報の提供と言えるでしょう。

そこには客観的な視点があるからです。

つまり、閲覧者のためになる、有益な情報を提供するということが最も重要なことなのです。
 

集客力の高いNAVERまとめ記事を作成する手順

それでは、ここからは集客力の高いNAVERまとめ記事を作成するには具体的にはどうすればいいか、その手順について紹介してゆきたいと思います。

①キーワード選定

NAVERまとめ記事も、検索によって発見をされるわけですから、SEOライティングと同様、まずはキーワード選定が重要となります。

しかしながら、通常のSEOライティングとキーワード選定時のチェックポイントは異なる点があります。

それは以下です。

    ・NAVER内での検索結果の競合性
    ・Yahoo1ページ目にNAVER枠が表示されるかされないか
    ・NAVER全体でそのキーワードで上位の記事があるか

この辺を総合的に見て、比較的集客成功率の高そうなキーワードを選ぶという作業になります。
 

記事タイトルを決める

キーワードが決まったら、記事タイトルを決めましょう。

最終的には、一般検索エンジンでの上位表示を狙うことになりますので、大体の手順は通常のSEOライティングと同様ですが、NAVERまとめ記事の場合には、記事内容の中立性を考慮しなければなりません。

ですから、何かのサービスを紹介したいと思ったら、そのサービスだけをメインで紹介するのはダメで、必ず他サービスも紹介しなければいけません。

なので、NAVERまとめの記事を作成する場合には、必然的に、「~のおすすめ●選」といった比較記事が多くなってきます。
 

記事構成を決める

こちらもSEOライティングと概ね同じですね。Googleのキーワードで検索上位のページを参考に、優位性のある記事を作成してください。
 

記事を執筆する

こちらもSEOライティングと同様です。
 

記事を投稿する

記事投稿で注意することは、画像の選定です。

著作権の問題がありますので、ネット上の画像をダウンロードして使用することは避けてください。

NAVERにはいくつか提携している画像提供サービスがありますので、多少イメージが違ってもそこからピックアップすることをお勧めします。

フリー画像で検索しても、その画像がどこでも使用してよいとは限りませんから、後々NAVERに申し立てがいってせっかくの記事が削除されてしまうこともあります。

また、読者の目を飽きさせないように、画像はバランスよく配置をしましょう。

ずっとテキストだけの記事は、手抜き感や心理的な圧迫感がありますので、読まれない傾向にあります。

また、記事のサムネイル画像はとても重要ですから、しっかり選ぶようにしましょう。
 

トピックを設定する

記事を投稿したら最後に関連したトピックを設定しましょう。

トピックから記事にたどり着く人も多いので、公開直後の閲覧数の伸びに影響します。
 

どれくらいで検索結果上位に上がるの?

では、公開した記事が検索で上位を獲得する場合、大体どれくらいで上位に上がるのでしょうか?

これは、SEO同様にキーワードの競合度に影響されますが、数週間~半年くらいかなと思います。

それで上位に食い込まなければ見込み薄です。
 

NAVERまとめか?自社サイトか?

あるキーワードでSEOライティングを行う場合に、NAVERまとめで投稿すべきか、自社サイトに入れるべきか迷われることがあると思います。

そこで、NAVERまとめで公開するのに適したキーワードについてポイントを紹介したいと思います。

    ・キーワードの難易度が高い
    ・自社サイトとテーマがズレている
    ・第三者の情報として発信したい

こういった場合には、自社サイトではなく、NAVERまとめを利用するのがよいと思います。
 

まとめ

SEO集客において、NAVERまとめを効果的に活用する方法をざっくりとですが紹介をさせて頂きました。

ただし、覚えておいてほしいのは、NAVERまとめは商用利用はNGですので、その点だけ最後に強調をしておきたいと思います。
 

NAVERまとめ記事作成おまかせ代行パック(初期2.5万円/月額なし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です