代表挨拶

タドワークスの基本的な理念は、Webの仕事を通してステークホルダーやその先にいる人々を豊かにすることです。そのために常に視野を広く、長期的な視点で物事を見ることを心がけています。

仕事を通して関わりを持つ方々を「クライアント」「外注先」といった固定的な枠組みで括ることなく「ビジネスパートナー」としてとらえ、柔軟な発想で共に繁栄できる道を探してゆくというのが基本的な仕事に対するスタンスとなります。

タドワークスの基本的な理念は、Webの仕事を通してステークホルダーやその先にいる人々を豊かにすることです。そのために常に視野を広く、長期的な視点で物事を見ることを心がけています。

仕事を通して関わりを持つ方々を「クライアント」「外注先」といった固定的な枠組みで括ることなく「ビジネスパートナー」としてとらえ、柔軟な発想で共に繁栄できる道を探してゆくというのが基本的な仕事に対するスタンスとなります。

代表者実績

代表者略歴

東海大学工学部を卒業後、東芝関連会社の半導体メモリ開発チームに配属、シミュレーション工程の自動化のため、Perl(パール)やシェルスクリプトといったプログラミング言語を習得する(5年間勤務)。

このとき、Perlを利用したWebアプリケーション開発にも興味を持ち、独学でWeb制作をはじめる。

その後、インターネット関連事業を行っている企業でキャリアを積むことを決意し、携帯電話用の課金コンテンツの提供を行っていた恵比寿(当時)の東証一部上場企業に入社、コンテンツディレクターを担当する(7年間勤務)。

携帯電話用のコンテンツ(占い・動画等)の企画と各携帯キャリアへのプレゼンテーション、サイト制作までを経験。実務レベルでのマーケティングやコンテンツ制作のスキルを身につける。

その後、スマートフォンの登場という大きな時代の変化を迎え、特殊性の高いガラケー業界からより汎用性の高いウェブ業界でのキャリアを積む選択をし、企業からの受託制作を行うWeb系のシステム開発会社(広尾)に就職。

前職での経験を活かした社内外のディレクション業務を担当しつつ、新たにLAMP環境(Linux/Apache/MySQL/PHP)でのWebアプリケーション開発、スマートフォンのネイティブアプリ開発、レスポンシブデザインによるWeb制作といった広範なスキルと実務経験を得る(3年間勤務)。

その後ウェブ系のスタートアップ企業に入社。新規ウェブサービスの企画、マーケティング戦略、システム開発、デザイン・コーディングとウェブ部門の全般的な業務を担当。(7年間勤務)

これらの経験・スキルを活かし、現在はフリーのウェブディレクターとして複数の中小企業、また、スタートアップ企業のウェブマーケティングやプロダクトの開発に協力している。

会社概要

会社名 タドワークス
英文社名 Tadworks
代表 田所 雄介
所在地 千葉県松戸市高塚新田
※自宅兼事務所のためすべての番地の記載は控えさせて頂いております。
Emailinfo@tadworks.jp
Linehttps://page.line.me/411tmfbd
事業内容 ・Web制作・運用事業
・メディアコンテンツ事業
・デジタル・マーケティング事業
・システム開発・運用事業
・動画配信事業(ゲーム等)