ホームページにお客様の声は必要か

今回はホームページにお客様の声を載せる重要性について考えてみたいと思います。

いろいろなホームページやLP(ランディングページ)を見ると、かなりの確率で「お客様の声」のコンテンツを用意していると思います。

そんなこんなでホームページを作成する際に慌ててお客様の声を用意したり、中にはお客様の声という名目で運営者側がPRしたい内容を間接的に作ってしまう・・・なんてこともあるかもしれません。

しかし、このお客様の声というコンテンツはなぜこれほどよく使われるのでしょうか?
 

お客様の声の役割

ホームページにおけるお客様の声の本来の役割は、客観的視点での評価を伝えることです。いわゆる口コミですね。

ホームページでは、サービスの理念や詳細を掲載しますが運営者側で発信する情報だけでは実際のサービス品質を実感できないという問題があります。

そこで運営者側が実際にサービスを利用しているお客様の声を掲載することで安心感を与える役割があるものと思います。

サービス内容を一通り見た上で利用を迷っている人の背中をおしてあげるようなコンテンツというわけです。
 

お客様の声で重要なのは「信頼性」

お客様の声のコンテンツでは「信頼性」が非常に重要になります。

お店のホームページに掲載するコンテンツはお店側で自由にコントロールできますし、見る側もそれはわかっているため、それが本当にお客様の声であることを伝えてあげる必要があります。

よくテキストではなく、実際のアンケート用紙をキャプチャした画像を掲載しているホームページなんかも見るかと思いますが、これは「実際にお客様が書いた感想」であることを証明するためにやっています。

昨今はネットの口コミ自体の信頼性も揺らいできていますので、より工夫が必要になってきているように思います。

もし無理矢理コンテンツを作るくらいであれば、お客様の声は入れずに誠実にサービスの品質について伝えるにとどめる方が好印象だろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です