いまMEO対策が重要視される理由

MEOとはマップエンジン最適化のこと。いつからかGoogleの検索結果にGoogleマップ上の店舗情報が表示されるようになりましたがこの影響力は絶大です。

まずは実際の検索結果のイメージを見てみましょう。

上から順に、「広告部」「マップ部」、そして、「検索結果部」となっています。

検索結果画面のファーストビューの大部分を「広告部」と「マップ部」が占めるわけです。

こうなると純粋な検索結果に流れてくるアクセスというのは大幅に減っても不思議ではありません。

ですから、今MEO対策が注目されていますし、これまでロングテールキーワードを中心にSEO対策をしていた業者もMEO対策に流れてきているわけです。

タドワークスも最近Googleマイビジネスに登録して検証中ですが、おそらくマップからの集客に適した業態とそうでない業態はあるものと思います。

例えば「ホームページ制作」で検索した場合、今いる近くのホームページ制作会社がマップに表示されるわけですが、ホームページ制作会社の場合は所在地がどこかよりもよい制作会社を探す方が重要視されるでしょうから、マップ情報を通り越して検索結果を見る人も多いでしょう。

ですから、なんでもかんでもMEOではなく、それぞれの業態に合った対策を選択してゆくべきなのだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です