コピペで使う!HTTPSリダイレクト時の.htaccess記述サンプル

HTTPSリダイレクトの必要性

SEO(検索エンジン最適化)対策においてSSL導入が重要視されるようになった昨今、個人レベルのホームページでもSSL化が必須となってきました。

ロリポップなどのレンタルサーバーでも、独自SSLが提供されるようになり、今では非常に気軽にホームページへのSSL導入が可能となっています。

しかしながら、サーバー側でSSLを導入したら何もしなくてよいかといえばそうではありません。

サーバー側でSSLを導入した段階では、httpでもhttpsでもどちらでもアクセスが可能な状態となっており、これはつまりURLがふたつ存在することになってしまいます。

この場合、諸々の不都合が出てきますので、httpsへの統一、つまり、http→httpsへのリダイレクト設定というのをしなければなりません。

これは一般的に、.htaccessファイル上で設定を行います。

今回は、httpsリダイレクトを実現するための、.htaccessの記述方法を紹介します。
 

.htaccess記述


RewriteEngine on
RewriteBase /
# HTTPSリダイレクト
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

 
簡単ですね!
 

コーディング代行料金