インターネットにおけるドメイン(名前解決)の重要性

はじめに

今日はインターネットにおけるドメイン(名前解決)の重要性について書いてみたいと思います。

皆さんインターネットに接続する場合には、SafariやChromeといったウェブブラウザに「https://yahoo.co.jp/」といったURLに接続してウェブサイトにアクセスしているかと思います。

検索サイトから検索してリンクをクリックしている場合にはあまり意識されないかもしれませんが、ウェブブラウザのアドレスバーを見るとこういったURLを確認することができます。

ドメインというのは「https://yahoo.co.jp/」のURLで言えば、「yahoo.co.jp」の箇所を示しています。

そしてこのドメインでウェブサイトにアクセスするにはカラクリがあるのです。
 

ドメインとIPアドレス

ウェブサイトはウェブサーバーと言われるサーバーコンピュター上にその実態が存在しています。

そしてそのウェブサーバーにアクセスするためには、それぞれのネットワーク環境に割り当てられたIPアドレスという固有の識別コード(数字の羅列)の情報が必要となります。

しかしウェブサイトにアクセスする際にいつもこのIPアドレスを入力するのは大変ですよね。そのためにもっと人が認識しやすい形式のドメインというものが使用されるようになりました。

そう、ドメインというのはIPアドレスと紐づけられた目印のような存在なのです。

そしてこのドメインからIPアドレスを取得して指定のウェブサーバーへアクセスする仕組みを「名前解決」と呼び、これを管理するサーバーをDNSサーバーと呼びます。
 

レジストリとレジストラ

次にこのドメインがどのようにして管理されているかを見てゆきたいと思います。

ドメインはドメインツリーと呼ばれるパーツに分けられていて、最も上位レベルのドメインをトップレベルドメインと呼びます。

よく見る「.com」などの一番最後のところがトップレベルドメインですね。このドメインのパーツによってそれを管理する機関が分けられます。

トップレベルドメインを管理する機関を「レジストリ」、そして、その下にドメイン登録を行う事業者「レジストラ」が存在します。

私たちがウェブサイトを公開するときにドメイン登録を行う「お名前.com」や「ムームードメイン」といった事業者はこの「レジストラ」(ICANNが認定)に該当します。
 

ウェブサイトにIPアドレスでアクセスできる?

ではドメインを使わずにIPアドレスを入れれば直接ウェブサイトを表示できるのでしょうか?シンプルに考えればそのようになります。

しかしながら実際にはIPアドレスをそのまま入れてもウェブサイトにアクセスできないケースが多いものと思います。これは1台のサーバーに複数ドメインのサイトを作るバーチャルホストといったドメインベースのルーティングを行っているサイトがあるためです。

ですので、IPアドレス経由ではウェブサイトにアクセスすることが難しいというのが実際のところだろうと思います。
 

もし名前解決ができなくなったら

もし何らかのトラブルで世界中の名前解決に障害が起きたら大半のウェブサイトにアクセスができなくなります。メールアドレスも使えなくなってしまいますね。

生活インフラをインターネットに大きく依存する社会では非常に深刻なダメージを受けることになるのではないかと思います。

ネットで商品を注文できなくなり、情報を得ようにもニュースサイトも見れない・・・そうなったら大ごとですよね。

インターネットにおけるドメインの役割がいかに大きいかが理解頂けるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です