WordPressのテーマファイル(PHP)内でショートコードを利用する記述方法

ワードプレスのプラグインでショートコードは、通常は投稿ページや固定ページへの記述を想定していますが、これをテーマファイル(PHP)内で動作させたい場合があります。

今回は、WordPressのテーマファイル(PHP)内でショートコードを利用する記述方法についてご紹介したいと思います。
 

ショートコードとは

WordPressのショートコードとは、投稿ページや固定ページ内でPHPプログラムを動かすための仕組みです。

通常投稿ページや固定ページはHTMLの記述を想定した仕様となっていますので、この中に直接PHPプログラムを記載して動かすことはできません。

しかしながら実際には投稿ページや固定ページ内でも動的にコンテンツを表示したい場合があります。

ショートコードというのはこのような場合に便利な仕組みとなっています。
 

ショートコードの書き方

一般的なショートコードの書き方は以下のようになっています。

[ショートコードの文字列]

多くの場合はプラグインでこれらのショートコードが提供されていて、コピペで使用する場合が多いですが、自分で組んだプログラムの出力結果をショートコード化して利用することももちろん可能です。

しかし上記記述では投稿ページや固定ページ内では動作しても、テーマファイル(PHP)内では動作せずにそのまま文字列として表示されてしまいます。

テーマファイル(PHP)内でショートコードを動作させる方法はないのでしょうか?
 

ショートコードをテーマファイル内で動作させる記述法

テーマファイル(PHP)内でショートコードを動作させる方法は実はあります。その方法は簡単で以下のように記述するだけです。

< ?php echo do_shortcode(‘[ショートコードの文字列]’); ?>
※[]は全角で書いていますので使用時は半角に変更ください。

前置きな長くなりましたが実に簡単ですね!

是非ご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です