リンク否認ツールで低品質な被リンク(バックリンク)を無効化しよう

いいことばかりじゃない被リンク

SEOの外部対策において被リンクの獲得は非常に重要ですが、実はこの被リンク、いいことばかりはありません。

そう、低品質は被リンクは逆に検索エンジンによるサイトの評価を低めてしまうのです。
 

検索エンジンのしくみを逆手にとった逆SEO

検索エンジンには、低品質な被リンクやコピーコンテンツなどをスパムとしてペナルティを与えるしくみがあります。

これはインターネット上により価値の高いコンテンツを増やすことが目的ですが、これを逆手にとって第三者のサイトの評価を落とす逆SEOなる手法も存在します。

低品質なサイトに評価を落としたいサイトのリンクを大量に貼ったり、対象のウェブサイト内にあるテキストをコピーして大量に複製サイトを作るなどすれば、検索エンジンは対象サイトによるスパム行為と誤認して対象サイトの評価を落とすというものです。

こういった手法はよく「風評被害対策」といったサービスで使われるようですが、実際のところはライバルサイトの評価を落とすためにも利用されていると考えられます。
 

怪しい被リンクはリンク否認ツールで排除しよう

では、自分のサイトに低品質な被リンクを貼られてしまった場合、サイト運営者としてはどうすればよいのでしょうか?

こういったケースに対して、Googleはリンク否認ツールというものを用意しています。

特定のURL、または、特定のドメインからの被リンクは無効化するというものです。

以下、リンク否認の手順となります。

1.Google Search Consoleの「リンク>上位のリンク元サイト」を確認し怪しいものをリストアップする。

2.リストアップしたリンク元情報を以下書式で任意のファイル名のテキストファイル(UTF-8、または、7-bit ASCII)に保存。

#URL単位の場合
http://spam.example.com/aaa.html

#ドメイン単位の場合
domain:spam.example.com

3.作成したファイルをリンク否認ツールのページ(https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main)からアップロードする。

 
以上で完了です。

急に検索順位が落ちてしまって原因がわからない場合は、被リンクサイトもチェックしるようにするとよいでしょう。
 

逆SEOなる手法は使わない方がよい

自分のサイトの順位を上げる努力をするのはよいですが、自分のサイトの順位を上げるためにライバルサイトの順位を落とそうという発想はよろしくありません。

いくらビジネスがシビアな世界であるとはいえこれは明らかなルール違反です。

当然Googleのポリシーにも反しますから、最終的には自分が痛い目を見る結果になるものと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です