ココナラの出品者ランクについて思うこと

ココナラの出品者ランクというのはある一定の売上を上げ続けないと下がるしくみとなっています。

ただ、仕事を発注する側からするとココナラへの売上貢献度というのは知ったことではなく、品質の高い仕事をしてくれる人を探したいわけです。

ココナラ外での仕事が忙しくなってココナラ内で受ける仕事量を減らしているような方も中にはいると思うので、そう考えると出品者ランクというのは発注側からするとそれほど大きな参考にはならないのかもしれません。

それよりはむしろ実績数と評価、また、プロフィールの方がより参考になりそうです。

少ない実績数での評価はあまりあてにならないので、ある程度豊富な実績数があって、かつ、評価が高い人というのがベターかと思います。

ただ、出品者ランクというのはあくまでも発注者側によい出品者を見つけやすくするためにあるべきだと思うのでココナラ内での月の売上でランクが大きく上がったり下がったりするしくみはどうかとも思います。

売上が下がったことでその出品者の能力や成果物の品質が落ちるわけではないですからね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です