関連した変数群はなるべく配列で扱った方がよい

プログラミングにおいて変数をどう扱うかというのはコードの可読性や保守性を向上させるのに重要な要素です。

結論から言いますと関連性のある変数名はできるだけ配列で扱うことをお勧めします。

例えばPHPで開発するWebアプリケーションで以下項目の検索窓を用意するとします。

  • ・店名
  • ・エリア

この場合に、各入力項目が格納される変数を、以下のようにするとします。

$name
$area

こういった変数の場合、ユーザーが入力した情報の入る変数名とデータベースから取得した情報が入る変数名がぱっと見で区別がつかなくなることが考えられますし、項目数が多くなった場合のデバッグが大変になります。

一方で以下のように配列を用意すると、

$search[‘name’]
$search[‘area’]

一目で検索窓に入力された情報であることがわかりますし、デバッグの際も以下のように一行記載するだけで中身の情報をすべて確認できます。

var_dump($search);
print_r($search);

変数名を行き当たりばったりでつけていると後々混乱のもとになりますので、関連性のある変数群は配列としてまとめて扱うとだいぶ見やすいコードができるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です