今アフィリエイトで稼ぐ難しさと稼げる可能性のある方法

副業を行うときに、よく選択肢に上がってくるのが「アフィリエイトサイト運営」です。

アフィリエイトサイト運営は不労所得ではありませんが、自宅で誰にも会うことなくできるというのは、本業のある方にとっては魅力でしょう。

YouTubeの広告なんかでもアフィリエイトサイト運営で月間~百万円稼ぎましたといった広告を見たりしますし、ここは一度投資をしてみようかと考える人も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回はアフィリエイトサイトは本当に稼げるのか、もし稼げるとしたらそれはどんな方法なのかといったところをウェブマーケターの立場から率直にお話しさせて頂きたいと思います。
 

アフィリエイトとは

それではまずアフィリエイトとは何かというところから簡単に説明をさせて頂きたいと思います。

アフィリエイトというのは「成功型報酬広告」をあらわす言葉で、サイト運営者が広告主の広告を掲載してそこから商品やサービスが購入されるとその購入額の~%がバックされるというしくみです。

一般的には広告主とサイト運営者を仲介するアフィリエイトASPという会社を経由して取引が行われることになります。アフィリエイトASPには有名なところでは、A8ネットやバリューコマースといったものがあります。また、GoogleやYahooといった大手検索サイトでもアフィリエイトのしくみがあります。
 

アフィリエイトの2つの形態

アフィリエイトには先ほど説明したアフィリエイトASPを介して行われる一般的なものと、アフィリエイトASPを介さずに広告主と直接取引を行う「直アフィリエイト」のふたつがあります。

直アフィリエイトの場合報酬額の交渉がしやすいメリットがありますが、信頼関係のある取引先としっかりと契約を結んで行わないとトラブルになるリスクがあるため注意が必要です。

サイト内の特定の場所に広告を掲載して月額掲載料をとるようなモデルは成功報酬型ではないためアフィリエイトとは異なりますが、広告収入を得るひとつの形態ではあります。
 

アフィリエイトサイト運営は本当に儲かるのか

では、このアフィリエイトサイト運営というものは本当に儲かるのでしょうか?これまでアフィリエイトをはじめたい人向けに複数のサイト制作代行をしてきた経験から言いますと、思い描いていたような成果を得るのは相当難しいと言わざるを得ません。

これを理解して頂くには実際の収益を試算してみるのが一番早いだろうと思います。まずはアフィリエイトサイトが収益を生むまでのプロセス順にその構成要素を見てゆきたいと思います。(できるだけ専門用語は控えます)

アフィリエイト収益の構成要素

①広告表示回数 サイト上の広告が表示される回数。
②クリック率 広告表示回数に対して広告リンクがクリックされる割合。
③成約率 送客したアクセス数(クリック数)に対して商品やサービスが購入される割合。
④承認率 成約数に対して報酬支払対象として承認される割合

はじめるまではなかなかピンとこないと思いますがアフィリエイトで報酬を得るためにはこれだけのステップをクリアしてゆかなければならないのです。こう見るとちょっとげんなりしてしまうのではないでしょうか?

このプロセスをもとに、ざっくりした数字でアフィリエイト報酬額の計算をしてみますと、

アフィリエイト報酬額の計算事例

報酬額 500円
①広告表示回数 10,000回
②クリック率 1%
③成約率 5%
④承認率 80%

10,000回(表示回数) × 1%(クリック率) × 5%(成約率) × 80%(承認率) × 500円(報酬額) = 2,000円

とこのような結果となります。

ちなみにここでは広告表示回数はサイトのアクセス数と同義と考えていますので、月間10,000回のアクセスがあるサイトを作った場合の月の報酬額は2,000円ということで、これは割とリアルな数字だと思います。

アフィリエイトサイトで稼ぐためにはまずこのようにして逆算をしてサイト作りを行う必要があります。

この計算方法で見ると月間20万円を稼ぎ出すには月にどれくらい膨大なアクセス数のあるサイトを作る必要があるかわかりますでしょうか?また、一般的な記事サイトを作ってそれだけのアクセス数を生み出すことは果たして現実的でしょうか?かなり難しいということがわかると思います。

アクセス数が稼げそうにないのであれば報酬額の高い商材を狙う必要がありますが、高額報酬の商材は売れにくかったり成果になりにくいという実態があります。世の中なかなかうまい話はないものですね・・・。
 

アフィリエイトサイトの効率的な企画手順

ここまでを踏まえて頂いた上で、次にアフィリエイトサイトの効率的な企画手順について紹介したいと思います。

一般的なアフィリエイトサイト企画手順は以下のような流れとなります。

  • ①収益の試算
  • ②商材選定
  • ③ターゲット分析
  • ④キーワード選定(SEO対策)
  • ⑤サイト構成検討(SEO対策)
  • ⑥サイト制作(SEO対策)
  • ⑦運用

このプロセスをしっかりと踏まないと成長するサイトにすることは難しく、途中で疑心暗鬼にとらわれて継続する気力を失ってしまうと思います。

ちなみにですが成約率を上げたいのであればなるべく成約に近い段階にいるユーザーを集客する必要があります。

ですので、すでに購入の意思が固まっていてどの商品がよいか比較検討をしているユーザーを取り込める比較サイト、レビューサイトを作成するのが効果的です。
※口コミサイトはユーザー参加型の構造にしないとどうしてもヤラセになってしまうので難しいテーマです。
 

アフィリエイトサイトの成功が難しい理由

アフィリエイトサイトの成功が難しい主な理由としては以下が挙げられます。

  • ・収益化には大規模なアクセス数が必要
  • ・サイトの成長にコストと時間がかかりすぎる
  • ・自分でコンテンツを作れない

一般的にアフィリエイトサイトで月数十万を稼ごうと思えば、月間で数百万アクセスが必要になるだろうと思います。

正直なところこのレベルのサイトを作成するのは相当難しいですし、実現するにしても数年間収益なしでサイト作りにコストや時間を費やす覚悟ができていなければなりません。

継続できないのであれば成功の可能性はないので、この覚悟ができないのであればアフィリエイトに手を出すのは諦めた方がよいと思います。
 

アフィリエイトサイト企画時に注意すべきこと

アフィリエイトサイトを企画する際に、商材選びやキーワード選びはとても大切ですが、SEO対策上どうしても成功の難しいテーマというものが存在しますので、そこはあらかじめ知っておく必要があります。

これはいわゆるYMYL(Your Money or Your Life)に属するテーマで、お金や人生(健康や安全など)に大きく影響するものとGoogleが位置付けるものです。

こういったテーマでサイトを作っても権威のある発信元でない限り検索結果上位を狙うことはできませんので、できるだけこういったテーマは外すべきだろうと思います。

またキャッシング関連など、そもそも商材の審査が通らないようなものもあるため、作り始める前にそういった点もしっかり調査する必要があります。
 

アフィリエイトをやるならGoogleアドセンスがお勧め

ちなみにですがこれからアフィリエイトサイトを作るのであれば、A8ネットやバリューコマースといったいわゆるアフィリエイトASPではなく、Googleアドセンスを想定して作成するのがお勧めです。

その理由としては、

  • ・優良商材が豊富
  • ・広告を自動で最適化してくれる
  • ・Google広告の信頼性
  • ・SEOとの親和性

上記が挙げられます。

Googleアドセンスを想定してとにかくアクセス規模の大きなサイトを作り、おまけでA8ネットのようなアフィリエイトASPも併用するスタイルがよいのではないかと思います。

また、アフィリエイト以外にも収益化の構造を想定しておくとやりがいが出るだろうと思います。
 

これからのアフィリエイトサイト作り

これからお勧めのアフィリエイトサイト制作の方法として、以下方法を紹介します。

①ファンをつけるメディアを作る

あるテーマに絞ったサイト制作よりも、ブログなど自分にファンをつけるようなメディア作りがよいかもしれません。

自分が信頼している人がお勧めするものは買ってみたくなるものですから、下手な情報サイトを作るよいもアフィリエイトに適したものができるかもしれません。継続もしやすいですしね。

②システム化してユーザー参加型サイトを作る

少し初期費用はかかってしまいますが、システム化して独自の口コミサイトを作ってしまうというのも手です。

システム化してしまえば初期に認知を高める活動を頑張れば、そのあとはユーザーが勝手に投稿してコンテンツが拡充され、アクセス数が爆発的に増えてゆく可能性があります。

ワードプレスベースの一般的なサイトでは、コンテンツ(記事)は自分で投入してゆく必要があるので、非常に労力がかかりますし、記事を外注するとなればランニングコストもかかります。

そう考えれば、どうせ長い目で見るのであれば初期費用を少し奮発してウェブシステムを構築してしまうというのも有効な方法です。

おそらくアフィリエイターでもここまでやっている人は少ないですからね。
 

まとめ

アフィリエイトサイト運営である程度の金額を稼ぐのは現実はかなり難しいということが実感頂けたでしょうか?

結局のところみんながやっていることと同じ方法をとっていれば儲からないということです。

この際、ワードプレスベースの手作りサイトではなく、完全にシステム化したアフィリエイトサイトの制作をお勧めします。

タドワークスでは比較的安価にアフィリエイト用の独自システムを提供することも可能ですので是非ご相談ください。

口コミ・レビューシステムSimpleReview

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です